介護福祉士 将来性・求人ニーズ

介護福祉士の将来性、求人ニーズに関する情報です。

日本はすでに高齢化社会ですが、2025年には4人に1人が高齢者という未曾有の時代を迎えます。高齢化と共に若年層が増えれば良いですが…少子化という問題もあるんですよね。

若者が減って老人が増えれば、家族による自宅介護は今以上に厳しくなりますし、必然的に介護福祉士のニーズは(今以上に)高まるのではないでしょうか?

すでに介護業界は人手不足ですし、一時期「外国人の介護従業者が増えている」というニュースもありました。しかし外国人が介護職に就いても続かない…という話を聞きますし、言語の壁は予想以上に大きいのかもしれませんね(介護の仕事を長年続けている外国の方もいますが)。

介護の仕事は食事介助、入浴介助、排泄介助がメインですが、機械的に行えば良いわけではありません。ひとつひとつの介助業務にコミュニケーションが伴いますし、今後独居老人が増えれば、よりコミュニケーションの重要性が注目されることでしょう。

「病院の待合室が高齢者のたまり場になっている」と良く聞きますが、単純に話し相手が欲しいんですよね。

私も祖父母と暮らしていましたが、同じ年代の友達が欲しいという思いが強いようで、地域の老人クラブに入っていました。しかし年齢を重ねれば外出が難しくなりますし、どうしてもコミュニケーションを取る相手が限られます。

「家族以外の誰かと話したい、話を聞いてほしい」と思った時に、訪問介護の介護福祉士さんが適切なコミュニケーションを取ってくれたり、ケアマネージャーと話すことで、気持ちがほぐれることがあるんですよね。

もちろん高齢者との会話だけが介護福祉士の業務ではありませんが、今後さらなる高齢化社会を迎える中で、そのようなニーズが高くなることは間違いありません。

有料老人ホーム、特別養護老人ホーム、サービス付き高齢者住宅のような施設も増えますし、デイサービス、デイケアのような通所介護のニーズも高くなりますね。

政府の方針に『介護施設から在宅介護へのシフトチェンジ』がありますが、その場合も訪問介護事業所の需要が高くなりますし、介護福祉士が活躍するフィールドは広がるのではないでしょうか?

そうなれば求人ニーズもアップしますので、様々な国家資格の中でも、就職しやすさ(転職しやすさ)はトップクラスかもしれません。

介護福祉士はやっぱり好条件・高収入で就職・転職しやすい

同じ介護系の資格に旧ホームヘルパーや介護職員初任者研修、実務者研修がありますが、実務経験なしで取得できたり、専門学校で学ばなくても取得できる資格ですよね。

しかし介護福祉士は実務経験が必要だったり、専門学校や短大、大学で学ぶ必要がありますから、その時点で資格取得のハードルが高くなります。

ハードルが高いということは初任者研修と比較して取得しづらく、費用とお金が掛かるため、転職に有利と言えますよ。

実際の求人募集を見ても、無資格の介護パートで時給900円のところ、介護福祉士は時給1,200円~1,500円という例もあります。

介護業界は無資格・未経験者でも就職しやすいですが、初任者研修、実務者研修を取得している方が有利ですし、さらに介護福祉士を取得していれば、好条件・高収入で働きやすいんですよね。

そのような面からも介護福祉士は将来性と求人ニーズが高いですし、より少子高齢化社会が進む日本では、その傾向が強まることでしょう。

実際の仕事内容は「介護福祉士も無資格者も大きく変わらない」と言われていますが、介護に関する知識がある分、同じ介護施設でも出世しやすいのではないでしょうか?

施設長のポジションに就けば介護施設全体を見渡せるので、今までと異なる景色が見えると思います。そのような経験を重ねることで、今まで以上にニーズが高い介護福祉士として活躍できることでしょう。

ぜひ介護求人サイトを利用して、仕事探しを行って下さいね。正社員、契約社員、パート、アルバイトなど、希望する雇用形態をまとめた上で無料相談されてみて下さい。